まずは、

このたびの台風で被害に遭われたたくさんのみなさま
心身ともに大きな疲労が蓄積されているかと思います…。
  

現在安否が不明の方々の無事が確認がされ、
まだ建物内に閉じ込められている方々の救出が
早く安全に進められますよう北の大地から祈っております。

 

もっとも危険な現場で懸命に救助活動をされている方々も
自衛隊、消防、警察を中心にたくさんいらっしゃいます。
2次被害が起こらぬよう、こちらも全力で祈ってます。
  
  

この数年、未曾有の災害が続きますね…
いざ、というときのために自分自身の危機管理能力も
磨いておかねばなりませんね。
周りの人たちも助けられるかもしれないですし。
  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  
  

さてさて、
そんななかで恐縮ですが、、、
  

個人作品の制作をジワジワ進行しています。
 

dimensionシリーズ、表現方法を少し変えてみたり
まだまだ試行錯誤しながらやってます。
 
とりあえず今、他の写真と区別するために
『dimensionシリーズ』と題して掲載続けてますが
まだ正式なタイトルという訳ではないです。
 
あくまで(仮)タイトルのつもりです。
  
 

HPリニューアルに伴い、作品ページの「PHOTOWORKS」も
入れ替えよう!! ちゅうことで、いったん空にしたのですが
旧作の整理が追いつかず…結局まだカラのままに。
 
いかんですわよね。。。
 
わかってるんですが、ついつい心は新作の方へ飛んでいってしまって。
 
 
このdimensionシリーズ(仮)がもうちょっと増えたら
休眠中のPHOTOWORKSに移動してそちらも活性化させます!
 
  

p:blog アップしてますのでコチラからどうぞ。

  

2015-09-11 11.36.08

 


p:blog 元気に更新中でーす!
どうぞ覗いてってください。
p:blog ←コチラからどうぞ

 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
リターンズ!
 

そうなのです。
帰っていらっしゃったのですあの方が!
 
 

奈良美智さんがまたジンギスカンを食べに…

じゃなくて
 

9月5(土)〜10月21(水)まで
札幌の三岸好太郎美術館にて『ワンワンワンッダフル!』という
犬にまつわるアート作品の企画展開催中でして。
 

5(土)のトークイベントのために出展作家でもある
奈良さんが札幌入りされたのでした。
 

wanwan

 
 

このトークがねー!また!よかったんですよ!!
 

会場がコンパクトなので入場整理券配布で50席ほどの狭き門!
…を奈良さんのご招待で関係者席にて拝聴させていただきました。
お心遣い、いつも感謝しております。
 
 

ざっくりと言えば
ご自分の生い立ちから、世界的なアーティストになった現在に至る
長い長い試行錯誤の道のり(現在進行形で)をみっしりと。
 

奈良作品といえば、
シンプルなフォルムで描かれるあの目ヂカラの強い女の子。(?)
 

一枚の絵が完成するまでに、そのキャンパスの下には何度も描いては塗りつぶし、
また描いては塗りつぶしを繰り返した痕跡が実はレイヤーとなって残っているのだ。
 

描き始めるときに完成図は頭に無いのだそう。
最初から確信的に描き始めるのだと勝手に想像していたので
その手探りのような制作過程に驚いた。
 

その一枚の作品が仕上がるまでの、描いたり消したりの一連の作業を
写真で分かりやすく種明かしまでして語る奈良さんにさらにびっくり。
 

う〜ん、そこは隠さないんだなぁ。。。
  

直接アートに関わることだけでなく
ご自身の赤ん坊時代からの古き善き時代の写真をたくさん盛り込みながら
生まれ育った弘前の風土、家族、仲間、そして海外へ…etc.
たくさんのエピソードを面白く交えながら
 

まさしく「奈良美智が出来るまで」のお話。

 

いやはや、素晴らしいトークでした。
 

質問コーナーの返答に熱が入り過ぎて(これがすごくいい話だったのよ)
時間が延長してしまい美術館のスタッフ達が
焦ってワタワタ動き回ってたのが何とも興ざめでちょっとアレでしたが。
 
   
  

 
そう、だから決してジンギスカンを食べに来たワケでは…

 

そんなわけでは…
 
 

なかったんだけれども。。。
 

IMG_3113
FullSizeRender
 
*写真撮影はいつもどおり、ご本人に許可をいただいております。
 
 
やっぱりトークの前日はエネルギー補給だよね、ってことで
うまい肉が焼ける匂いに勝てるもの無ーーーし!

 
では奈良さんの写真を…とiPhoneをかざすと
「あ、やっぱ、肉食べてるとこがいいよね。」と言って
みずから演出してくださいました(笑
 
ここのジンギスカン、ほんっとに美味しいんですわ。
大人5人で9人前をぺろりといただきました。
 
  
  
そして二日目、トークイベントの後
急遽うちのスタジオで小さく集まることに。
 

FullSizeRender のコピー 2
 
 
北海道を拠点に活動する美術家の、結城幸司さん、川上りえさんらも交え
トークでは語られなかったさらにdeepな話で盛り上がりました。
 
 
毎度のことですが
どうもわたくし、興味の湧くままに普通は質問しづらい核の部分を
かなり直球でしかも気軽に聞いてしまうくせがあるようでして…
 

先日の宴で奈良さんにもいつも通りあれこれ質問していたら
「いつも『えぇっ!? そんなこと聞くの??』ってこと聞いてくるよね!」と
逆に突っ込まれてしまいました(笑)
でもちゃんと丁寧に答えてくださってほんとに感謝感謝なのです。 

 

奈良さんにかぎらず他の作家やキュレーターの方々にもそうで、
その作風や、思考にいたるまでの過程(小さなことも)にとても興味があって、
(様々な積み重ねや選択の結果が作品になるでしょ?)
 

自分の貧しい能力では読み取れない大事なところを、ご本人や分かる方の
言葉をいただいて、なるべく正しく理解したいというか…。
 

自己満足で解釈したくない。ってのがどこかにあるんですよねぇ…
 

FullSizeRender のコピー
 

そうそう、なるほど面白いな〜!と思ったのは
結城さんや川上さんという美術家からみた奈良作品の読み解き。
 
それぞれにご自分の制作活動とリンクさせて
共感できる部分や、新しい発見について語られるようすが
これまた興味深かったんです。
ここで勝手に書くのは控えますが。
  
 

きな臭い政治の話、世界のアートシーン、作品の制作について、
音楽、仲間、ちょこっと私生活、そして若き日のR18な禁断の話も!
トークイベントでは語られない突っ込んだ話が聞けて(←オマエが聞いたんだろう!)
今回もまた大収穫でした。
 
 


今日も元気に進行中です。
どぞどぞお立ち寄りくださいまし。
 

p:blog  ←コチラからどうぞ

 
開くとこーんな感じで自動的にトリミングされたサムネ画像が並んでおります。
左上がつねに最新のですが、お好きなところをポチッと押すと
トリミング無しの写真が一枚づつご覧いただけます。

pblog

 


 
 

このフレメンHP、リニューアルを繰り返しつつけっこう
長い年月やってるんです。
初期の古〜〜〜いのは記事ごと抹消して作り替えてるので
ここで遡れるのはブログで2007の4月からですね。
 

なんと意外なことに
海外からのお客様もたくさん覗きに来てくださってるんです。
色んな国のみなさま、いつもありがとうございます!
 

さらに意外や意外、
諸外国からこの伊藤ブログを見てくださっているお客様も
けっこういらっしゃるるる〜!!
 
 
  
ということは…
 
 

レモン&松もワールドワイドに!?
 
レモン&松 禁断の動画公開!IMG_3087
 
 

やばいわー。人気でちゃうわー。

  
  

閲覧者といっても国と訪問人数しかわからないシステムなので
お礼のしようもないのが残念!
 
 

我らフレメン、少々英語に自信がないのですが(汗)
google先生の翻訳を頼りに、色んな国のみなさんと
交流できたらうれしいな〜と日頃から願っております!
ほんとにほんと。

 

私たちの作品への感想、叱咤激励、日本や北海道に関する質問、
写真以外のあれこれ、なんでもwelcomですので
お気軽にメールをいただけたらうれしいです。
 
 

あ、
前に一度、某国のプロフォトグラファーからメールが来たのですが
「日本でフォトグラファーとして働きたいがどうしたら?」という
ややこしい就職活動に関してはうちでは手に負えないので
東京の大きなスタジオさんへご相談くださーい(笑)


201508.31

残暑どこー!?

今進行中のもの、ぽつぽつとアップしていってます。
 

p:blog

↑コチラもどうぞ覗いていってくださいな。
  
  

それはさておき、
安保法案やらオリンピックエンブレムやら凄惨な事件やら
気持ちがずぅぅーんと沈むニュースが多いですね。
 
こう日が短くなったり朝晩肌寒くなったりすると
余計にずずずぅぅーんと落ちますね。。。
 

1403
 
  
ビルの屋上でスタンバイ中のこの方も寒そう。
  
  
 
8月も今日で最後。
お盆過ぎてから札幌はすでに気持ちの上ではセプテンバーな感じで
今朝はついに薄手のコートを着てる若い女性を見かけました。
  

わしわしママチャリ漕いでたから通勤か通学。
エリア的に観光客ではないしな〜。
  

地元民よ・・・ 
今からコートに手を出しちゃったら
このあと襲ってくる本気モードの寒さに
何を着て立ち向かってゆくのだ!
   

 
雪国人は短い秋を堪能したら、長い長い冬との戦い。
せめて9月は残暑味わいたいわ〜。


6月に買ったハイテクNEWミシン、
ちょいちょい稼働させてますよ。
 

05
  

この見た目から
ミシン界では「フリーザ様」と呼ばれてるらしい(笑
  

うんうん、ほんと
JUKIの最新&最高位モデルとは思えないダサさ。
工業デザイナーのせいなのか、会社のせいなのかしらんが
誰が「いいねー!これでいこう!」って決めたのやら…。
  

こういう質実剛健を求める機械ものであっても
カッチョよさをないがしろにしちゃイカンと思うわー。
そう言う面、やっぱ欧米モノは見た目も大事にしてるよね。

まぁ、ミシンちゃんに罪は無い。
我が家に来たからには大事に使いますよ。
  

こやつが来てから、手慣らしに何枚かブラウスを縫いました。
で、最新のオートクチュールがコチラ。

06

 
 
まぶしい黄色!
金運アップしますように!
 
 
実物は写真より真っ黄色ベースなので
かなーりまぶしー。
 
でもfbで皆さんに励まされたので時々着てました。
作ったもんはちゃんと着ないとね。

  

7月に暑い日が続いたので、ちゃちゃっと縫いましたー♪
 
・・・と、サラッと言いたいところですが
型紙カットしてから4日もかかってしまいました。
 
なにぶんシロートなうえに、型紙についてた簡単な説明書きと
洋裁ブログ様たちのお知恵だけが頼り。
 
 
襟のつけ方が服によってイロイロ違うので
毎回そこでカベに打ち当たり、途中で投げ出しそうになりつつも
四苦八苦しながらなんとか縫い上げます。
 
じゃぁ、ノーカラーの服ばっかり作ればいいんですが
我ながら普通のラウンドネックがあんまり似合わない!
楽なので着てますけど、断然襟のある方がしっくりきます。
 
私のワードローブ、襟付きの勢力が圧倒的な強さです。
 
 
んなわけで、せっかく自作グッズを揃えたのだから
襟のひとつやふたつで諦めてはいけません。
 
人生には乗り越えなきゃ行けない山がいくつかあるのだ。
  
  
  
  
相変わらず裏側は Going My Way なかんじで
使いこなせてないロックミシンの悲しき傷跡が。
 
 
でもだんだんとミシンに手が慣れて、
蛇行せず直線に縫えるようになってきましたー。ぱちぱち。
  
 
そろそろ長袖の季節。
襟の他に、カフスという難関が待ち受けているんだなこれが。