冬がおいでなすったよ。

まったくもー

こないだお盆だったのにもう年賀状の心配する季節かい。

173

自転車たちも夢のあと。

いきなりドカ雪から始まる冬、
どうせなら季節ごと1ヶ月づつ早まって
3月には雪が無くなれば雪国人は幸せだなぁ。

温暖化?小氷河期?
どっちだか知らんけども、何とな〜く
過去の「例年」というものに季節のサイクルがあ
合わなくなってきた気がしますね。

自然と直接向き合っておられる農業、漁業の方々よりは
天気に関して漠然と生きている私でも近年の変化は感じるところです。
私ごときにバレているあたり、相当深刻な変化ですよねぇ。

7406

とはいえ、、、

こんな雪山に遭遇すると(初めのうちは)単純に美しいなぁとシビレる。
ま、数日で何とも思わなくなるんですけども。

北海道はこの繰り返し降り積もってきた雪が、
悠久の時を経て少しづつ溶けて地面に浸潤し、地下水となり
やがて川になって、我々が住む地域まで、枯れることなく潤してくれるのだ。

長い長い水の旅に感謝しなくては。

さてさてp:blogも悠久の時を経て(え?)更新です。
寄ってらっしゃい見てらっしゃい!

⇩ここからも飛びますよ

172


うは〜。
放置しすぎてるうちに今年もあと2ヶ月!
浦島太郎ですわ。

 

我がお気に入り紅葉スポットももう見納めですな。

170
う〜む。葉は少々散ってしまったけど今年も美しい。

  
毎度毎度の放置プレイ。
いや、FacebookとInstagramはね、ずっとやってるんですけども。
つい手頃なコミュニケーションだけで済ましてしまって
ちゃんとHPに向き合っていなくてダメフォトグラファーですな。
 
 

反省。
 
 
 
去年、独立開業してから1年と4か月。
 

まーーーっ、
色々ありすぎて楽しくもあり、少々凹むこともあり、
まだまだヨロヨロと右往左往しつつの道のりですがなんとか生きてます!
 
 
私、どっちかというと…ずど〜んと落ち込まない方です。
うっかり愚痴や文句は出ますが(笑) その分抱え込まない。
ど、ど、ど〜すべ〜っ!?と窮地に追い込まれても
絶対に丸く収まるはず。と開き直ってしまう、謎の回復力が自慢です。
 
もちろん、それなりに日頃地道な種蒔きして来てますけど。
 

 
171 紅葉どころか、初雪も来たわ。
 
 
スタジオの場所も以前と変わらずフレメンと共存してるし、
たった一年数ヶ月、そんなに変化ないだろーと思いきや
明らかにこの短い期間で写真の仕事に対する物事を始め
いろんな価値観が変わったなぁ。
 
 
人生はいろんな選択の連続なのだと、頭ではなく体感として
しみじ〜み感じる今日この頃です。
 
 
またできるだけ空けないよう、ブログもアップしていきますので
暇つぶしに是非お立ち寄りくださいまし!
 

 


そ う い え ば っ !!

今年の春、
師匠・露口啓二の写真集が発売されていました!
  
  

10
  

「自然史 -NATURAL HISTORY-」
    

2017年3月1日初版発行
発行:株式会社 赤々舎
定価:5,000円+消費税
  
    

全国の大型書店(写真集などがある)、amazon、
フレメン写真製作所(代表・露口啓二)などでお買い求めいただけます。
  
  
  

かつての産業の衰退、自然災害などによって放棄された土地は
人々の営みが無くなった後、植物達の生命力に飲み込まれながら
少しづつ自然に還ってゆく。

    

北海道の炭鉱跡地や東日本大震災で被災し、
かつての人々の生活を失った土地を収めた写真集です。
  
  
   
  

もう私は昨年独立開業した身なので
フレメン写真製作所の社員ではないのですが、この写真集の制作にあたり
印刷所へ提出する色見本プリントを全て担当いたしました。

  
  

9

  

チラ見せ!
  
  

元・弟子(というか元従業員)のワタクシの感想でなんですが
今まで見てきた露口さんの写真作品で一番良いなぁ、と思いました。
  
  

しーかーもー!
  
  

交流のある、奈良美智さんがツイッターで何回かに分けて
面白い感想をつぶやいていらしたし、

さらになんと、朝日新聞で横尾忠則さんがこの「自然史」の
書評を書かれたんですぞっ!
  
  
  

スゲーーー。。。

えらいこっちゃ。
  
  

詳しくは語りませんので、ぜひお手にとってご覧ください。
ずっしりと重く、良い仕上がりです。

  

自分以外の人の作品の色見本プリントを手がけたのも良い経験でした。
  

行きがかり上ではあるものの
師匠の手焼きプリント時代の色感覚をデジタルで再現し
プリント作成できるのは、身近では私くらいしかおりませんでしたから。
 
  

なぜって?
  
  

そりゃーもう、
昨年清水ダイブして買ったEIZOくんの4Kモニターが
素晴らしいからさっっ!!(←そこー!?)
 

*あ、このモニター、マジで素晴らしいです!美術館の収蔵作品の撮影で
「今までのEIZOはなんだったんだ…?」と衝撃を受けましたから!
  
  

素晴らしきモニターくんの力も借りつつ、長年の感覚も駆使し。
  
  

師匠のカラーネガの手焼きプリントの色って、独特なんですわ。
私も近年、コダック社の印画紙が製造中止になるまでは
暗室でカラーの手焼きやってましたが、
私の色とはまた全然違うんですよ。こってりしてて。
 
  
  

その長年見てきた色の感覚と、今回の作品の意図を
なんとか汲み取りながら…自分の好みをバッサリと排除しつつ
何度か焼き直しもしましたが無事納品。
  
  
  

フィルムの独特な色って、フォトショップでは完全には再現できないもんです。
どちらが良い、悪いではなく、質が違うものなので。

刷り上がった写真集の色は、ほぼ、色見本の印象通りで満足です。
良い写真集ですよ。
  
  

  
  

それと、また作品ブログアップしました!
p:blog 覗いてってください。
↓サムネからも飛びますんで。
  

9.58.29のコピー


IMG_4516

奈良美智さんの展覧会 2017.7.15 – 9.24 豊田市美術館
「Yoshitomo NARA  for better or worse」
 
 
前日開催の、開会式&内覧会の招待状が届き、
開けてみたらアトリエまんまのかっちょいいポスターが!
 
 

1987-2017までの作品がどどっと集まるようなので
奈良ファンも、美術ファンも、その他の人も、
めちゃくちゃ見応えのある展覧会なんじゃないでしょうか。
 
 
 
そういえば、、、あらためて考えると不思議ですがワタクシ、
「アーティストとしての奈良美智」にはあまり馴染みがないかも…?
 
どちらかというと、別のジャンルでの話が多いような。。
 

奈良さんは何度かこのブログにも登場してますが
私の前職時代から(と言っても、今も同じスタジオをシェアしてるけど)
師匠・露口さんの交流の流れで、札幌に来る時はうちのスタジオをベースにして
あちこち一緒に動いたり、まったりと深夜まで盛り上がったり、
ジンギスカンに行ったりして、奈良さんの大好きな音楽の話をメインに、
子どもの頃の話、美大時代の話、家族の話、ここに書けない話・笑…etc.
 
ロック少年がそのままおじさんになったような、気さくで優しくて、人が好きで
面白くて、ちょっとシャイで、時々ミーハーな、あったかい奈良さん。
 

世界的BIGアーティスト!ということを感じさせない方なので、
私なんぞ毎回、「よくそんな事聞くよね!!」と呆れられるような
キワドイ質問をしてしまいますが、ちゃんと答えてくれる誠実な方です。
 
昨年の私の独立祝いに、iPhoneにサインとイラストを描いていただいて… 
よく考えたらものすごく贅沢なことですけど
ありがたくもゆるゆると楽しい交流をさせてもらってました。
 

 

IMG_6413
 

招待状、ありがとうございます!!
7/14日の内覧会には行けそうにないですが…
会期中には乗り込みたいぞ!名古屋へ!
 
 
それにしても、、、
何度かお伝えししてるんだけど、奈良さん事務所からの郵便が
前職・FREMEN写真製作所のままになっている(笑
まぁ、事務所はそのままシェア中なので私宛の郵便が紛れてる時は
「はい、これ」と渡してくれるからいいんですけど
さすがに仕事に支障あるから、ポストは完全に別々なんですけどね…

ハマダさん何卒よろしくお願いしま〜す!
 

 
 

 
 


こないだ正月だったくせに、大雪だったくせに
今年もあと半年って何さ。
 
 

しかも蒸し暑い。。。
 
 

昔は涼しい夏が特徴だった北海道も
年々蝦夷梅雨がひどくなってる気がする。
温暖化の影響なのかなぁ。
 
 
 

さてさて、そんなムシッとする中、旭川〜上川〜美深〜また旭川、と
1泊2日の弾丸出張に行ってきましたよ。
お仕事の余白部分のカットをちらっと。
 

初日は曇天からの〜、、、雨!
翌日はありがたいことに肌がジリジリするくらいの晴れ!
 

8

6
 

仕事で伺ったので、本番用の良きカットは載せられませぬがお許しを。
ライターMさんもにっこり微笑みながら美しい花たちを撮っていました。
 

取材は何件か回ったのですが、こちらはイングリッシュガーデンで超絶有名な
旭川の「上野ファーム」さん。
ガーデナーでありオーナーの上野砂由紀さんご本人も
花たちに負けず劣らず可愛らしい&美しい女性なのですよ。
 

それにしても美しい人が作る、美しい庭はなんて素晴らしいのだろう。。。 
 
彼女のひたむきな情熱が伝わってくるようなビューティホー!な庭です。
 
 
 

それにしてもこの日は暑すぎた。。。
 

ビシバシ突き刺さる太陽光に、美しいお花もちょっとおつかれ気味。
花を撮る時はぼんやり花曇りくらいが光が柔らかく拡散して美しい。
 

 

2

 

前日の雨の日。しっとりしてて個人的には雨のガーデンも好みですが
なんたってお仕事なのでね、まずは明るいものがないとね。
 
 

3
 

あまりの暑さに大きな木陰へ避難!

陰に入ってしまえば下から涼しい風が吹いてきて極楽〜。
 
 

5

 
 

この旅で一番テンションMAXになった瞬間がこちら!
 
 
アヒルとコラボとか、
ラブリー版・若冲かっ!!
 
 
鳥フェチを陥れるワナか!?? 
思わず撮影用の脚立をライターさんに押し付け、激写しまくりましたわ。

誰もいなかったら抱きしめてモフモフしてたかもしれない。
こんな子たちが園内をお散歩してるので運が良かったら会えるかも。
 
 

札幌までの帰りの車中も、エアコンに勝る強烈なUVのおかげで
うっすら温室状態。
ちょっとトイレタイムから戻ったら、ハンドルが熱くて触れない・笑
 
 

帰ったら少し頭痛とだるさが襲ってきて、
これもしかして軽い熱中症だよね?という症状が出ました。。
 

塩ライチのジュース飲んでぐっすり寝たので
もうバッチリ復活しましたが、暑さの本番はこれからですので
みなさんもどうぞお気をつけくださいまし!