先日の撮影で望遠レンズのを三脚に固定するための三脚座の
ネジが締まらなくなり、キヤノンのサポートセンターへ電話したら
「付属部品の修理交換はしていない。オンラインストアから
15,000円で商品を購入してください。」と冷たくあしらわれる。。。
 
 

このレンズ自体まだ3年ほどで、そんなに使用頻度は高くなく
今回初めて三脚座リングを取り外して使用しだけで(使用法としては問題無し)
あっさりとネジがイカれてしまったのだ。
 
 

10

 

この台座の部分ね。
 
 

これさープロ仕様のお高いレンズだよね!?
たった一回外しただけのネジがダメになるって、どんなしょぼさ???
 
 

そもそもプロが使うことを想定してるのに、
おたくの部品が初期不良だったんじゃぁないの??
10年選手の他の望遠の三脚座ではなったことないですよ!
 
 

言いましたよー。久しぶりに。
こちとらF1の機械式カメラ時代から一眼レフはず〜っと
キヤノンで仕事してきた『愛』があるもの。
 

二十数年のキヤノン愛。
優しいだけがファンじゃないぞ!
愛すればこそ、伝えておきたいことがある!!
 
 

売ればそれでおしまいなのか?
些細なアフターケアはビジネスにならないから損??
キヤノンユーザー蔑ろにしてない???

 
 

もちろん窓口のお兄さんはマニュアル通りの「対応できかねます。」だったよ。
 

いや、、、お兄さんが悪いわけでも対応が悪いわけでもないんだ。
 
 

デジタルカメラになってから昨今、細かい修理を続けてるメーカーは無くなって
周辺部品ごと丸っとユニット交換、商品自体を買い替え、ってのが一般的になった。
 
 

ゆえに、ネジ一本の故障で、とんでもない修理代(交換代)が請求されるのよ…
 

昔のキヤノンだったら普通に修理してくれたよ。
さすがにネジ一本のだけのために15,000円(三脚座部分のみ)を払ってられない。
 
 
 

スタジオにある精密ドライバーでなんとか自力修理を試みるも
ネジが小さすぎ&カッチカチに締まっていて、力任せにやったら
ネジ山がエグれてさらに悪化しそうに(汗
 

5
 
 

ということで、長〜い前振りだったけど
機械式カメラ、レンズ修理のマイスターの元へSOS!
 
 

その名も
『山下カメラサービス』さん! おぉ、神よ!!
 

昔、4×5カメラのレンズや、機械式一眼の修理で時々お世話になってました。
 
 
 

もう札幌で、アナログ修理をしてくれるのはここしかあるまいよ…
 
 

台座の内部の部品を修理するためのフタがあって、
そこをぱっくり開けると故障の原因が丸見えに。
 
  

いやはや、自力でこじ開けるの諦めて正解。
マイスターでも「おっ、なんだこれ随分硬いな〜」と難儀してたので。
 
 

3

  
え、ボルト外れとるがな。
 
 

開けてがっくし脱力。
ネジが折れて破損してたわけではなく、
ただ内部のボルトが緩んで外れただけだった!
 
 

いやいやいや、、、
危うくこのためだけに15,000円で新品買わされるとこだったぜ。。
 
 

2

 
 
 

久しぶりにお願いして、
本来はキヤノン製品は専門じゃないんだけど…と言いつつ
ちゃちゃ〜っとボルトを締めて直してくれました!
 
 

しーかーもー!!
 
 
 

「ただネジ締めただけだから」と言って頑として
作業代金を取ってくれず。。。
かなり押し問答をしたけれど、神マイスターは
どんどん作業場の奥へ奥へ逃げて行ってしまい(笑
 
 
 
 

ううう。職人魂、男前すぎます。
 
 

痛い出費が〜!!と凹んでいたので本当に有難かったです。
 
 

近いうちに何か美味しいものをそっと贈ろう。
 
 
 

 
何でもかんでも新品と交換、って時代になったからこそ
直せるものは手をかけて蘇らせてくれる職人さんの
ありがたみが身に沁みました。
 
 

山下カメラサービスさん、
まだまだお元気でずっと続けて欲しいです。
ありがとうございました!!!