安田侃さんの彫刻に会いに

前回の川俣正さんの岩見沢プロジェクトの後に
隣町の美唄市へGO!
 

美唄といえば
アルテピアッツァ美唄の安田侃作品群が有名ですが
実はそこからさらに山道を進んだ先にもひっそりとあるんですよ。
 
 
あ、写真の方は今回軽いスナップです…すみませぬ。。
スズメバチ事情がありまして
ざっくりとしたロケハン的な写真で申し訳ない。
 

とにかくずーーーっと延々スズメバチに追い回されてて
じっくり止まって撮れなかったんですわ。。。
実はわたくし、一度スズメバチに刺されてるので2回目はヤバイのです!
アナキラフィシーショック気をつけねばいかんのです。

 
 
 
こちらは後半の作品たちの手前の山の中の公園にある
「炭鉱の碑」という作品

_83A1198

近隣の工事関係者しか通らないちょっと寂しい森の緑地公園の広場に、
力強く天に向かって伸び行く白き三本の柱。
ちょうど背景の森の緑とのコントラストが美しかったです。

 
で、

ここからさらに山の奥へ奥へと進んでいくと
「炭鉱メモリアル森林公園」という旧三菱美唄炭鉱跡地にも
3作品が鎮座しています。
 

_83A1229
 
札幌駅のエントランスの白い石バージョンが有名ですが
こちらは渋いブロンズ製です。
 

_83A1222
 

石炭の採掘場の壁のような(?)質感です。

_83A1225

一つはこの建物の中に丸い石の彫刻が展示されてたのですが、
鍵が開いておらず中に入って撮れず..
外の汚れきったガラス越しにもなんとなく見えますが
ガラスの反射と写り込みが激しすぎて撮らずに覗くだけ。
 
  
セミとスズメバチの羽音と、近くの工事の音が単調に響いて
札幌のことなど忘れてしまいそうな山の時間。
 
 
私が生まれて間もなく亡くなった伊藤家の祖父は
炭鉱景気に乗って仙台から、三笠市にやってきた炭鉱マンでした。
宵越しの金は持たない人だったらしく、得意の三味線や尺八で
一座を引き連れてあちこちの炭鉱を回ったそうです…

  
そして母方の親族もこの美唄出身で
母の弟である叔父が、高校の時に安田侃さんと同級生で
斜め後ろの席だったそう。
きっと侃さんはそんな昔のこと覚えていないだろうけど。
 

さらに別の親戚(母の従兄弟・故人)がアルテピアッツァ美唄の
初代の事務局長を務めていたりして、
小さな小さなご縁を勝手に感じています。

 
 
_83A1218
かつてこの山には絶えることなく採掘の音や人の声が
響き渡っていたんだろうなぁ。 
 
 
北海道のあちこちの町が炭鉱景気で賑わっていたらしいけど
閉山して多くの人が去って行った町は今もずっと厳しい状況で。
いや、日本そのものも厳しいけども。

 

 

最初の作品の場所も、このメモリアル公園に着いてからも
何匹ものスズメバチにロックオンされ続け・笑

35度の気温でもノースフェイスのナイロンジャケットを羽織り、
頭〜首回りは長〜いストール二重に巻き、民俗調に防御。
それでも奴らはジーンズの上からでも刺してくるので油断できない。
  
一度目の時は腫れと痛痒さだけで済みましたが
病院でも二度目はどうなるかわからないよ、と警告されておるのです。

 
 
それと、今の時期は特に
スズメバチ対策も重要ですけど
この場所は熊も出没してるそうなので
お子様連れや、単独で行かれる方は熊鈴を鳴らすなど、
なにとぞ十分お気をつけください!
 


暑い暑い暑い暑・・・

北海道って昔は夏でもカラッとしてて
こんなに暑くなかったんだけどな〜

 
 

やはり地球温暖化の影響なのか?
 

氷河期前の不安定な時期なのか??
 

日本の災害も大規模になってしまったけど
もはや世界中おかしいもの。
 
 

はぁぁぁ〜・・・
 

こう暑いとブログの更新も滞るよね。
 
これも温暖化の影響だな。
 

 

手軽なFbやインスタにはチョロチョロしてるので
繋がってるみなさんは私の生存確認はできておられるかと・笑

 
 

な・ん・の・た・め・の・公・式・H・P・だ・・・!?

 
 
 
さてさて
 
 
そんな暑い盛りに、アツいアートプロジェクトの現場に
お邪魔してきましたよ。
 
 

「北海道インプログレス 岩見沢プロジェクト」

↑青文字クリックでHPに飛びます。

北海道三笠市出身の彫刻家、川俣正氏が手がけるアートプロジェクトで
以前は出身地三笠市でも廃校を利用した大プロジェクトをなされています。
 
作品についてはHPを見た方がよ〜くわかりますので・笑
是非ご覧になってください。
 
 
 
今回私が最終日にお邪魔した岩見沢のプロジェクトは
かつて競馬場だった場所、今は草ボーボーに野生化している土地で
25年の歳月をかけ、丸太を組み上げ高さ30mの巨大な山になるという(うひゃぁ・・)
壮大なビッグプロジェクトなのだそう。
 
 
25年て!!
昨年からスタートしてるから1年差し引いても後24年か…
私にゃサグラダファミリアにも匹敵する遠い未来に感じる。

 
 
順調に行けば生きて完成作品を観ることはできそうだ。

というか、
24年後って写真とかカメラって、まだ存在してるのか?
どうなってるんだろう色々、本当に謎。
 
  

 
チームの方によくお話を伺うと
年中びっしり誰か彼かが日々制作をしているわけではなく、
毎年夏の数日間(将来的には多少変更あるかもですが)川俣さんが帰国し、
地元の仲間達をはじめ、アートや建築を学ぶ学生達などがチームとなり
短期集中で制作作業をやるそうです。
 
 

 
と、まぁ
安定の前フリの長さですが、ここからようやく写真でますよー。
 

 
 
まずはちょろっとスナップを撮りましたのでちらりと見てってください。

まだまだ土台部分の状態ですが、25年ごの完成予想図は
先ほどのHPでご覧くださいまし!

*掲載はチームの方に許可をいただいております!告知は大歓迎だそうです。
  

_83A1155_83A1179

_83A1185

_83A1191

_83A1193

_83A1245

_83A1244

_83A1250
 
 
現状はこのような感じです。
 
ぱっと見は、まだなんだかわからない。
看板も立ってないので、このプロジェクトを知らない人は
謎を抱えて帰っていくと思います。
 

HPの完成予想の模型写真を見ると、今のこの土台から
どんな形に成長していくかわかりますね。
  
 
 
川俣正さん、安田侃さん、五十嵐威暢さん、
三笠、美唄、滝川と、世界的な美術家を輩出している
空知地方はすごいな。
 
 
 
次回は続きで
美唄の安田侃作品の方もちょいとアップします。
 

 


奈良美智さんリターンズ

お久しぶりな奈良美智さん。

 

あ、最初に書いておきますが
毎度のことながら、伊藤のSNSやこのブログでの写真掲載は
ご本人から「どーぞどーぞ」と許可をいただいておりますです。
 

気づけばもう2週間前になりますが
札幌に某チャリティイベントで滞在していた奈良さん。

 

土曜の夕方のスタジオ宴会に始まり、翌日日曜は
岩内町〜余市町方面へ繰り出しましたよ。
 

IMG_1088

うまい…っ!
男は黙ってサッポロビール。
 
 

ここでしか飲めない地ビール「開拓史ビール」ってのを堪能。
他のメンバーが揃う前に、向かいのサッポロファクトリーにて
サクッと一杯。
 

ここはかつてサッポロビールの工場だった建物を利用した
商業施設なのでもちろんビールも”サッポロ”なのだよ。
 
 
奈良さんがもう食べられない…と半分ほど残したカツカレーを私の方に。 
もったいないので頑張ってお腹に押し込めていざスタジオへ帰還。
げっぷ。。。
 

IMG_1091

 

ひとしきり飲み食べ散らかしたテーブルが汚いな(笑
いや、はじめはちゃんとつまみ盛り合わせとか、
綺麗に並べてたんだけど、後半はこうなるわけさ。
 

北海道を拠点に活動している美術家の
国松希根太さんや結城幸司さんらも参戦してまったりスタジオ飲み。
 
 

なんだかんだと興味深い話が次から次へ。
今昔のアート界隈の話や、政治、文化、歴史、家族、仲間
そして音楽!と、、、やっぱり下ネタ祭りも平常運転で・笑
 
 

今回は奈良さんの奥さんとの話が面白かった。
いい塩梅に尻に敷かれる様子をあれこれ自虐しつつも楽しそうで
「でも、いなくなられたら困る」という言葉が何回も出てきた。
 
暴走する奈良さんをきちんと手綱を握って冷静に軌道修正される
その力強い(?)存在に感謝の日々…だからこそ出る言葉。素晴らしいなぁ。

 
 

話はいつまでたっても尽きないけれど、翌日もあるし
ビルの門が締まる12時にお開き!
 
 

国松家にステイ中とのことで、お二人を円山のセレブ住宅街へお送りして
バリバリ下町の我が家に着いたのは夜中の2時!!
本当に同じ札幌なのかなという色んな距離感・笑

IMG_1087

そして手元がじわじわ遠くなっている奈良さん。
お若いみなさんも、人類はいずれ通る道なのですよ。
 
 

IMG_1097
 

翌日はあいにくの雨!
道は空いてて快適なんだが…寒々しいのう。
 
 

縄文遺跡やアイヌ民族の文化にも興味のある奈良さん、
すでに北海道はあちこち車で走り回っておられます。
 

まずは昔、改装される前に一度行ったという「フゴッペ洞窟」で
洞窟内に掘られた古代文字(文字ではなくアート説も)見学。
 
 

北海Do民ならば知っている名曲「石狩挽歌」にも
”古代文字”という歌詞が出てきますね。知ってる?
 

中は撮影禁止なので外観だけ。
 

_83A7392

 

で、お次は
奈良さんのご希望で岩内町の「木田金次郎美術館」へ。
 
 

絵を描く作家同士、長い長い時を越えての初対面。
一枚一枚の作品をじっくり丁寧に観ておられましたが
いったい何を思っているのかな…と聞いてみたくなったものの
図々しい私でも(笑)絵と向き合っている時の奈良さんは
さすがに声を掛けづらいオーラがありますわ。
前の晩の下ネタは何処へやら。。
 

ここも館内は撮影禁止なので外観だけね。
 

私は仕事で2、3回行ってるので久しぶりな場所でした。
 

_83A7388
 

岩内も雨!
 

IMG_1092
 

岩内町のもう一つの名所「村本テント」さんへ。
ここはもちろん私のリクエストで無理やり寄り道。
 

IMG_1094

 

ここは本業が業務用のテント屋さん(テント生地であらゆる加工)なので
帆布を使ったトートバッグは仕事の技術を生かしたセカンドビジネス
だったのでしょうが、今や大人気店なのですよ。
 

しっかりした素材&職人技への信頼と、お値段も比較的良心的なんですよー
知人のライターさんたちも何人か様々な形のバッグを使用していて
みなさん、ガンガン使っても型が崩れない!と愛用されてます。
 

私は知人へのちょっとしたお祝い用に定番のトートを購入したりしてました。
 

IMG_1095
 

岩内から帰る途中に腹ごしらえ。
ここの塩ラーメンのスープが絶品でした!
名前忘れたけど、西村計雄美術館の近くですよ〜 
 

やはり手元が遠い奈良さん。
若人達よ、みんな避けては通れぬ距離感なのですよ。
 

 
さて、
お腹が満たされた後で
余市町の縄文遺跡「西崎山環状列石」を見学。
 
IMG_1102

ここも私はすでに何度か来ている場所ですが
あまり賑やかに人が訪れる場所ではないので、ひんやりと静かで独特の空気感です。
 

IMG_1103

_83A7397
 

環状列石とはいわゆる「ストーンサークル」のことです。
世界中のあらゆる場所で古代人の遺跡として発掘されていますね。
*そのあたり、各自調べてくださいまし! 
 

ここは、土の成分を分析した結果、縄文人のお墓だったのでは?
と考えられているようです。(看板に書いてあるもん)
 

IMG_1108

 
古代、縄文人もこの山から眺めたであろう日本海。
晴れていれば美しい積丹ブルーの海、
夕陽が沈む時はキラキラと黄金に輝く絶景なのである。
 

が、今回は残念ながらの雨なんだな〜。
 

IMG_1113

 

さらに札幌方面へじわじわと。
 
どうしても食べて欲しかった忍路のパン屋さん!
エグヴィグさんへ行ったものの。。。
 
定休日だったze。
残念…

しかしここも先ほどとつながった海、
しかも崖の上、高台のロケーションなので
眺めはサイコーなのです。 が、定休日。。

_83A7394

 
 
6時には札幌へ戻らねば、という駆け足スケジュールだったので
今回のプチ探訪はこれで終了なり。
 
帰りの車中は奈良さんの少年時代の初恋話で盛り上がったり。
 
”変わらぬ〜ものは〜古代文字ぃぃ〜〜”
石狩挽歌をYOUTUBEで流しながら歌詞を確認したり。
 

私は断然北原ミレイ派だけど、
奈良さんがかけた、若き日の八代亜紀バージョンが素晴らしく
なんとも渋くてグッときた。
 
縄文の人々の暮らしに想いを馳せながら
石狩挽歌とともに札幌路。
 
 
充実した週末でありました!
 
 
あ、そうそう
2年前の私の独立開業をお祝いしてくださった時の記事で
コチラからどうぞ
 
帰り道でベロベロに酔った奈良さんが看板にぶつかりながら歩いてた話、
今回聞いたら、酔って全く記憶にないそうで
「違う、俺じゃなく、看板の方がぶつかってきたんだ」と
謎にポジティブな返事が返ってきました(笑
 
まぁ、、、過去記事読んでいただければ分かりますが
水割りのバランスがよく分からない私が、お代わりのたびに
ガンガンに濃いぃのを作っていたのが原因です⭐︎ てへぺろ〜


春の海、ひねもすも人もいなかった

 

_83A69621

このブログでは毎度おなじみな日本海。
GWはさぞ賑わったであろう石狩浜。
世の中平常運転に戻り、そろそろ人も少なくなっただろうと
行ってみたらば…

_83A6964
誰もいない…

_83A6963

誰もいない…

みんな現実社会に戻って行ったのね。

_83A6989
海の反対側、石狩川河口付近に広がる
自然保護区の遊歩道もパトロール。

あとひと月もしないうちに
ここはハマナスが咲き乱れる素敵スポットなのだ。

_83A6983
ハマナス現在の様子。
ようやく葉っぱが伸びてきてる段階で
さすがにまだ一輪も咲いておらず。

目がチカチカするショッキングピンクのハマナスは
ジャパンローズとも呼ばれ、この石狩浜の丘も
バラのような芳しい香りが辺り一面に漂うのである。

_83A6986
初夏にはいろいろな自生の植物がたくさん咲いて賑やかだけど
今はまだこの「イソスミレ」だけが楚々と咲いてました。

_83A6992
右側は海ではなく「石狩川」の河口付近。
目も前の海浜公園、自然保護区を挟んで左が海。
北海道の屋根、大雪山系の雪解け水の一滴一滴が、長い長い年月を経て
母なる大河「石狩川」となり、海へ流れ出るドラマチックな場所でもあります。

そして誰もいない…

_83A6995

川っぷちへ出てみる。
前日まで雨だったからなぁ、、、ずいぶん濁っておる。

_83A7002
周囲は私の背丈を越えるススキっぽいものの枯れ草で秋のような色。

_83A7009

ここからの景色が好きなんだよなー。
夏にはもっと草木が青々と茂って野鳥も飛び交い、
それはそれはほっとする場所なのです。

_83A6997
人発見!

この道から左側(海の方向)を見上げるとシンボルの小さな灯台がある。
「喜びも悲しみも幾歳月」という古い映画のロケ地となった石狩灯台。

あ、

私は映画は観たことないのでストーリーは各自調べてくださいな。

wikiによると…この可愛い紅白のボーダーは
映画の中で見栄えがするように塗られたそうですよっと。
_83A6976
石狩灯台は1892年(明治29年)に初点灯
なんと北海道最古の灯台だそう。

ふむふむ。。wikiさまはなんでも知っておられる。

そして最後に
_83A6966
やっぱりこの場所にはスバル車が合うっ!

こういう景色を見に行くための車なんだな〜、としみじみ。

新しくはない私の相棒フォレスターもかっちょよく見える。

ハマナスが咲く頃、また見に行こう。


桜と鳥と連休と

うむ。
 
 

世の中グォーーーールデンウィーーーーーークゥッ!らしい。
 
 
 

私にはあまり関係ない世界だけど、
子供とかいたら日頃疲れててもどっか連れてってあげたいよなぁ。。
 
 

早いな〜、、もうGWか。
こないだ紅白見たばっかりな気が。。
 

とりあえず今年も桜を拝めたのでありがたい春(北国遅いからね…)。
 
 

18

ここは我が学び舎の横を流れる月寒川沿いの桜並木。
 
 

私が子供の頃は草ボーボーで桜なんぞ植えてなかったし
こんな綺麗な芝生もベンチもなかったぞ。
 
 

今は水も綺麗になって魚もいて、水鳥もいるけど(アオサギもいた!)
昔は荒れ果てたドブ状態の川に入って遊んでたわ。
昭和の下町の子はだいたいの雑菌には動じないのだ(笑
 
 

17
ちょうど開花したばかりで
一点の汚れもない美しさ!!
 
 

ここの桜はピンクというより、限りなく白っぽいのだ。
 
 
 

二十代の頃は桜を見ても「被写体」としか捉えてなくて
花の美しさに心奪われる…なんて感情は薄かった。
 

撮りたいものかどうか、だけだったなぁ。。
 
 

アシスタント時代も地元JR沿いの植物を大量に撮ってたけど
咲き誇る花より、朽ちていく花ばかり撮ってたな。
世の中ナナメに見たがる若者が漏れなく通る道
意図のない「なんとなく退廃の美?」みたいな・笑
 
 
 

そんな私も
そんなところはとっくのとうに卒業して
今は気温だけでなく、草木の変化で季節を知るお年頃に。
 
 
 
 
 
 

そして驚きの白さがここにも。

_83A6607
グハァッッッ!!!
ナップさん!モッフリかわええのう。
 
 
 

何度か紹介してるけども、
我が家で生まれた箱入りお嬢のナップさん。
写真を撮られるのが大好きなんである。
 
 

この子は生まれて目も開いてない時から
手に乗せてバシャバシャ激写されて育ってるので
カメラ自体に恐怖感はないらしい。
 
 

もちろん写真の概念なんか理解してないけど(笑
飼い主である私がカメラ越しに
「いいねぇ〜、かわいいねぇ〜、天才だねぇ〜」と
えへえへおだてながら撮るので、
主の注目を独り占め!できるアイテムだと思ってるらしい。
 
 
 

仕事用の100ミリマクロレンズをビッタリくっつけても
うっとり、もっふり心酔中。
「苦しゅうない。存分に撮るがよい…」
  

ペット写真のコツはとにかく褒めちぎること、ですな。
 
 

以下、撮られてるうちにだんだん眠くな〜る、の図。
 

001
002 003 004 005 006 007 008 009
 

リラックスしすぎかよ・笑
 
 

そばにいることを許してくれてありがとう。
と云う気持ちになる瞬間でもあります。
 
 
生き物からいただく信頼は裏切っちゃいかんよね。