1月15日発売!
 
雪合戦マガジン_1_1.JPG 雪合戦マガジン_2.JPG
 

『雪合戦マガジン』 VOL.2          発行:雪合戦マガジン舎 500円

世界で唯一の雪合戦専門誌。(HPより通信販売、各大会会場にて販売)

北海道壮瞥町・昭和新山の麓にて毎年行われている、
れっきとしたウィンタースポーツとしての雪合戦大会の情報誌。
この大会は今年で21回目。
全国各地から集まった強豪チームが熱い戦いを繰り広げるようです。

雪国の子供なら誰でもやったはずの、いわば「子供たちの遊び」だった
雪合戦がこんなスゴいスポーツになっていたとは…驚きです。
 

公式HPはこちら
http://www.yukigassen.jp/index2.html
 
 

今回伊藤が、このマガジン第2号の巻頭ページ
日本ハムファイターズ、稲葉選手の撮影をさせて頂きました。
 
取材含め確保できる時間が超タイトだったので上の撮影もわずか3分ほどという
ドタバタさで心臓が痛〜くなりました。

*写真右・大人の事情により、顔にボカシ入りです…
 
え〜、実はワタクシ
野球とかサッカーについて、かな〜り疎い人間でありまして…

こんな野球オンチな人間が撮って良いのかな…と申し訳なく思うのですが
なぜか不思議と縁あって時おり、日ハム関連の撮影をさせて頂く機会があるのです。
ポートレートや取材がらみなので、あまり関係無いと言えばまぁそれまでなんですが。

ぶっちゃけて白状しますと・・・
撮影前日まで稲葉選手の守備さえ知らなかったという非道民です!
たくさんいるであろう、熱いハムファンの同業者の皆さんに心で詫びつつ撮影させて頂きました。
 
とまぁ、こんな私ですから
撮影前までは稲葉さんのお顔のイメージがおぼろげだったのですが(え?)
撮りながらファインダー越しにしみじみと

「かっ、かっこいいんだこの人…..」
 

実物すごいカッコいいです。
ホリが深いというよりも…ほどよく優しげですっきり整ったお顔立ちというか。

インタビュー中に時々するどい猛禽類を思わせる劇画タッチの表情になるのがまたgoodでした。
私的にはさわやかな笑顔よりも、じっとインタビュアーの言葉に耳を傾けているこの顔が一押しです!
本誌ではわりとニコやかな写真が数カット掲載されていましたが。

試合中もキリッと劇画タッチなのでしょうね。
取材中に見せる色んな表情に、シャッターが止まりませんでしたよ。 
 

限られた短い時間の中で、インタビュアーの目をまっすぐ見返して
質問にひとつひとつ丁寧にかつ、表情豊かに熱く語る姿が印象的でした。
会話のテンポがリズミカルで淀みない。頭の回転が速いなぁと感心。

当然かもしれませんが
会話中終止、臆する事無く人と目線を交わしてコミュニケーションをはかれるのは
やるべき事を積み重ね、結果を出して来た事からくる自信ゆえなんでしょう。

職業柄、取材などで顔写真の撮影が多いわけですが
理詰めで言葉をまくしたてて自分を大きく見せる人は
けっこう些細な質問で体制が崩れ、途中で目が泳いじゃったりしますから。
ファインダー覗いてると時々気づいてしまい、なんともトホホな気分になる事も…
酔うんだったら最後まで自分の言葉に泥酔しきって欲しい。
 
おっと、余談でした〜。 
 

私が勝手にいだいた稲葉選手の印象は 
そのさわやかな外見とスポーツマンとしてのイメージを裏切らない
真摯で誠実な人なんだな〜、というシンプルなものでした。
 
表現がベタ過ぎですが…あくまで野球の事を良く知らない私の
たった一日会ったにすぎない、ささやかな感想です。
 

雪合戦マガジンVOL.2には、今回の稲葉選手へのインタビューがギュっと詰まっています!
興味のある方は是非是非、上記公式HPよりお求めください。

 

 

 

 

 

 

 


200812.26

仕事納め

今年も一年あっという間でした。

2008の終わりは世界的な経済恐慌という
なんともテンションの下がる年末になってしまいました。

どの職種においてもせつない年の瀬なのは同じですが
我ら企業広告の制作を生業としている者たちにとっても
例外無く厳しい状況であります。

が、しかし

裏を返せば、今ここが景気のどん底なのであれば
これ以上悪くなりようが無い、という事です!
(…二番底があるとか言わない。)

この厳しい冬の間を、春に向けての色々な準備期間にします。

そして来年の今頃はみんなで笑って過ごしているであろう、と
ささやかな希望を持ちつつ2009を迎えたいと思います。

来年は世界的にもフレメン的にも、
良い意味で、変化・変動の年になるはずです。

 
2008ーーー今年度も皆様に大変お世話になりました。
 
2009ーーー迎える新しい年も宜しくお願い申し上げます。


『CASA BRUTUS』12月号   マガジンハウス発行 

_MG_5883.JPG
 
今回は日高山脈のすそ野に広がる「十勝千年の森」にて
イギリスのガーデンデザイナー、ダン・ピアソンの手掛けた庭と
レストラン「カフェ・キサラ」さんの撮影をさせて頂きました。(伊藤撮影)

春〜秋にかけて色とりどりの花々が咲き乱れるガーデンと
大きく波打つ地形が美しい広大なランドスケープのアース・ガーデン

 
_MG_5888.JPG 

撮影当日は十勝平野一帯が霧という肌寒いお天気でしたが
その柔らかな霧に包まれた風景が逆に幻想的でgoodでした。

個人的にまた訪れて、春・夏のこの庭を見てみたいです。

 
「十勝千年の森」はこの夏にグランドオープンしたばかり。
庭だけでなく、原生林の中を散策したり、アーティスト達の作品を見学したり
森歩きに疲れたら、併設のカフェやレストランで一休みもできます。
 

森の最終的な完成まで、あと999年かかるそうです。
見届けられないのがロマンです。 ガウディしかり。
どうしてもという方は…ぜひ来世で。
 
 
『十勝千年の森』HPはこちら
http://www.tmf.jp/index.shtml


DPP_0001_1.JPG
『カイ KAI』創刊第一号    

発行:ノーザンクロス
季刊 680円

出たよ〜!ついに出ちゃいましたよ〜!
この一冊の創刊に辿り着くまでの道のりが・・・・・長かった・・・!!

カイは制作に携わったスタッフ達の「ホッカイドウ愛」で出来ています。

意外と知らない自分の足下、北海道について
知る、愉しむ、創る。ための雑誌です。

人・文化・食・地域・農業・酪農・まだ短いながらも色々あった歴史…etc.

大人の皆さんにこそ手に取って欲しい本です。

コンビニにも売ってますので是非。

・・・言い忘れましたが、もちろん我らフレメンは撮影部隊として参加してますです。


200809.28

CASA BRUTUS

What’s New でも紹介の『CASA BRUTUS』新刊2冊、お仕事させて頂きました。

_MG_6849_1.JPG

左の通常版、10月号では「国産ワイン」の特集ページの表紙&北海道ワイン取材を担当

_MG_6877.JPG  _MG_6891.JPG

国産ワインだってがんばってます。
日本各地の素敵ワイナリーの特集ページ。

取材に行った「鶴沼ワイナリー」はとにかく広い。笑っちゃうくらい広い。
ディ○ニーランド約90個分だそうで…日本一の広さを誇るワイナリーです。
その広大な土地に残る原始林をそのまま防風林として活用する事で、
虫の害が他の畑に広がるのを防ぐ役割があるそうです。

本社は小樽市の「北海道ワイン」さんで、すごく沢山のワインを製造されています。
本誌を見る楽しみが無くなるので、ここでは詳しくは語りませんが…
ここの工場は肩肘張らず、そこにある北海道の自然を生かす事で地球に優しいワイン造りをされています。
案内してくださったソムリエさんはこの会社のワイン造りに惚れて
はるばる仙台から北海道ワインさんに入社されたそう。その他興味深い話が色々聞けて面白かったです。
そして…個人的にハマり中の白ワイン『北島秀樹』おすすめです!
ネット販売もされているようなので、是非。
 
 

『新装版 柳宗里』の別冊本では ’72・札幌冬季オリンピックの聖火台を撮影

          _MG_6866.JPG

昭和47年・札幌オリンピックの聖火台。

柳宗里作品の中で日本最北端がこの聖火台だそうです。
「真駒内セキスイハイムスタジアム」に鎮座していますので
機会があればぜひ見学してみてください。
ちなみにスタジアム周辺は広〜い緑地公園になっているので
中に入らずともスタジアムの外側から見る事もできます。

その他、「えっ?アレもコレも柳さんのデザインだったの!?」という作品が
ギュギュッと一冊に詰まってます。 めちゃめちゃ面白いです。
キッチン用品からトンネルまでその仕事は幅がありすぎて
『○○○のデザイナー』などと簡単に一つのジャンルの肩書きがつけられない
日本が世界に誇る、多目的(?)プロダクトデザイナーの巨匠です。
 

ここであまり詳しく語る訳にいきません。この先は皆さん書店に行きましょう。
2冊とも絶賛発売中です!
立ち読み、読み逃げ厳禁ですよ!
一家に2冊、旅のお供に、子供の夜泣きに、急な発熱に…是非お手元に。