令和ですってよ。

「レイワ」
万葉集からのアイデアとな。
ネットニュースによると、安倍さんの談話で

人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている

との説明があったそうな。
ほほう。。

レ、って慣れるまでちょいと発音し辛い気もするけど
とりあえずよろしくね〜

お堅い書類以外で元号を自分で記入することが滅多に無くなって
普段はほぼ西暦表記で暮らしているので、覚え易ければなんでも良いZ。

令和生まれの子らが育って、いずれ一緒に仕事できたら面白いな。


深井克美展・図録撮影

現在北海道立近代美術館にて開催中の
「深井克美展」の作品図録撮影を担当しました。
こちらは図録だけでなくチラシ、ポスターにもなっており
アーカイヴとして美術館に残り今後も活用されます。

「深井克美展」2/5日〜3/21日まで北海道立近代美術館にてhttp://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/…/exhi…/cl_H310205.htm

 

現在会場に展示されている深井克美他3名の作品は
撮影期間中に届かなかったものを除き
ほぼすべての撮影を担当させていただきました。

 

撮影現場で被写体として隅々確認しながら見るのと
展示会場で作品としてじっくり観るのとでは大違いでした…!

 

油絵の上にニスを塗りかなり光沢の強い作品も多かったので
まずは絵に照明のテカリ(反射)が入らないよう
しかしダークに混ざり合った深井の微妙〜な色は明確に出すべく、
スタジオのEIZOの4Kモニターちゃんを現場に運び込み
歌舞伎ばりの睨みを効かせつつ細部を「入念にチェック」しながらの
撮影だったので”鑑賞した”とは別次元でしたよ・笑

 

ストロボ照明も同じ位置にただ置きっぱなしではなく、
作品のトーンによって上下左右それぞれを動かすので
簡単な複写ではなく、完全に各作品に合わせた撮影です。

質感も色もサイズもそれぞれですからね。
長いこと美術作品のアーカイヴ撮影のお仕事を
させて頂いてる身としては
全部同じでいい訳がない、と思うのです。(私の場合はです)

 

リバーサルフィルム時代よりも、デジタルカメラの場合
発色の特徴が各メーカーのセンサーやレンズによって
結構差がありますし、色調のグラデーション豊かな絵画は特に
デジタルでは出にくい色ってのもあるので、
照明据え置き一本やり、ではちゃんと表現されないので手をかけます。

 

ってな流れで、撮影中に作品は穴が開くほど見てるのに
会場でじっくり「観て」今更ながら衝撃を受けまくりました。
「私は何を見ていたんダーーーッ!!?」と頭抱えて懊悩。

「細部を確認する」と「じっくり鑑賞する」では脳の認識が全く違うんだ!
ということが実体験で今回よくわかりました。
当たり前だよなぁ。。。
頭で観察するのと、心で感じるのとでは全然違うわ。そりゃ。
ある意味新鮮な感覚。

 

痛い寒い暗い重い冷たい苦しい
ドロドロに溶け、闇に飲み込まれそうな不安と焦りと…
でも凄まじく強烈な美しさと。

 

文才がなさすぎて的確な言葉で表現できませんが
30年以上前とは思えない作品たち。

これらが描かれた時代って、
高度成長期後のバブルがはじける前で世間は今より明るかったろうに
なぜか今の時代に合ってしまうのは何故か。
絶望、喪失、虚無、それとは裏腹に強く救いを渇望するような空腹感とか…
現在の作家、と言っても誰も疑問に持たないのではないだろうか…

 

30歳という若さで突然自らこの世を去った深井克美。
今回の展示は生誕70周年であり、没後30周年、という年でもある。

あらためて対峙した深井克美の世界。
なんというか…
すべてが悲しく辛いだけではないのです。
「オリオン」は絶望的な中にも強く”愛”を感じるし
「ランナー」は逆に希望や明るさ、爽やかさを感じたりする。

 

「ランナー(未完)」という作品は
かつて札幌を拠点に活動していたパンクバンド
bloodthirsty butchersのアルバム『NO ALBUM 無題』の
ジャケットにもなっているのです。私は持っていませんが…

 

余談ですが、私は高校生の頃
札幌のパンクバンドの聖地ベッシーホールによく行ってたので
このブッチャーズのライブも何度か会場で見てます。
*残念ながらVo.でリーダーの吉村さんは2013年に逝去されました…

剣山のような長い鋲が両肩から突き出た革ジャン&モヒカンの
やばめのお兄さんたちに混じってラバーソール履いて
パンク色の強かった昔のヒステリックグラマーの服着て
ぴょんぴょん飛んでましたわ・笑

それにしてもあの剣山ジャケット、
画像探したけどあんなに長い鋲は見つからなかった…
ハト除けかよ!! ってくらい長くて刺さりそうだったのに。

 

あららまた脱線。

 

なので「あのバンドって深井克美と通じる世界観だったのか」と
16,17歳のパンク少女には気づかなかったものが
長い時を経て「なるほど…」と色々と繋がってくる不思議。

あ、いや、私がライブ行ってた時とこのアルバムとは
だいぶ長〜〜〜〜い時間が経ってるので当時はまた少し違ったのかも。
何れにしても私的にはすごいシンクロなのだ。

 

 

会期中にまた何度か会いに行こうと思います。
二度三度と観るうちにまた新たな発見がありそうで。

 

素晴らしい仕事に関わることができて感謝です。


師匠・木村伊兵衛写真賞 ノミネート

VIVA!!

 

写真家・露口啓二氏が
第44回木村伊兵衛写真賞にノミネートされました。


第44回木村伊兵衛写真賞ノミネート作家が決定!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000620.000004702.html

*画像は露口作品を貼っております。

ノミネート作品は写真集「地名」です。

 

師匠がなんと、6人の最終候補者の中に入ってます。
まずはノミネート段階ですが、それだけでも快挙だと。。

 

もうねー、、、
『木村伊兵衛写真賞』なんて次元が違いすぎて
違う惑星の人たちが獲るものだと思ってたもの。

 

ここ1年ほど前から写真集2冊出版、東京や横浜での展示…と
謎の波に乗ってて、昨秋の「さがみはら写真賞」受賞に続き今回。
徳島出身の師匠ゆえに鳴門の渦潮に巻き込まれる勢いですわ。

 

最終決定は3月と聞いていますが
それまで長い長い。

速報出たらまたお知らせします。

 

露口啓二氏の作品につきましては
公式HPにもアップされていますのでどうぞ。

http://www.fremen.biz

 

 


2月だとうぅっ!?

 

驚愕の事実

 

今日から2月ですってよ?!

こないだ紅白だったのに記憶喪失かよ。。

 

函館の常宿からの眺め。
朝焼けが美しいけど、出張中は札幌よりすごい積雪!しかも重い雪。

ここ数年の函館は東北並みに降るようになったよなぁ…
地球の気候が変わってきてるんだろうな〜

1月恒例の函館出張に行って戻ってからドタバタしてるうちに2月。

 

今回は行きも帰りも北海道を襲ったドカ雪の影響で
エライコッチャの道中でした。

行きはまず、
中山峠のライブカメラをチェックするも
猛吹雪すぎて、さすがの私もあっさり峠経由は断念。
出張前だしアシ君もいるし命最優先ですし。

 

札幌の高速が全面STOPで乗れず…
やむなく千歳まで36号線で向かいましたが
高速に乗れない車たち&雪道で混雑でここまでで2時間超え。

 

千歳I.C.〜豊浦中盤まで高速は順調だったものの
豊浦の後半から猛吹雪になってきたので高速を降り
また国道で地道にいざ函館へ攻め込みました。

 

あまり冬に遠出ドライブしない人と喋ってると
なぜか「天気悪いなら高速でいけば〜?」という
謎すぎるお気楽アドバイスをいただきますが…
どこから「高速は吹雪いても安全」だという考えが出るのか。。

 

何度となく書きますが、
長年冬の出張がレギュラー化してる私からすれば
冬の高速ほどデンジャラスなものはありませんぜ。
アイスバーンや突然の吹雪、1本道の下り坂のカーブ…
もちろん峠もそうですが、高速でホワイトアウトになると
逃げ場もないし本当にヤバイです。

 

峠の吹雪と高速の吹雪、どちらも平等にヤバイです!
海沿いの街は普通の道でもホワイトアウト率が高いので
峠より危険な時も多々あります。

 

なので安易に高速一本やり、峠越え一本やりではなく
スマホから各所のライブカメラをチェックしたり、
道路状況のサイトをマメに更新しながら臨機応変に
高速と陸路を組み合わせてくださいましね。

 

 

その他、
師匠のさがみはら写真賞・受賞記念(?)のワークショップなど
年明け早々出張前のイベントもあったり。

ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!
そして発起人の皆々さまもお疲れ様でした!

 

会場のキャパの都合で80数名。
私は代表ではなく発起人の一人としての参加でしたが
当然ながら内容について考えるべき事は多い立ち位置でして・笑

今回は写真作品を制作している人々、興味のある人、
学芸員、美術家、などなどを中心にお集まりいただきました。

 

作家本人の希望により、受賞のお祝い的な要素はできるだけ排除。
写真のワークショップ方向のイベントに仕上がったので
なかなかシブい内容になっておりました。
ある程度興味がなければ謎多きムツかしい内容だったかと思います(えぇ…)

 

懐かしの元アシ君、エンドウ君も発起人仲間に巻き込み
会場スタッフとして大いに働いてくれました。

イベント後にいろんな人から
「ものすごくテキパキ働く男の人がいた!」との声もいただくほど
彼の働きッぷりは素晴らしかったのです。

カメアシ時代に培った現場仕事のスキルは健在でした。
と同時に「そんなに私は厳しい先輩だったのか…」と若干反省しつつも
設営や片付けなど、常人よりはるかに慣れた無駄のない動きで
助けてくれました。ありがとうありがとう。

 

万が一、私が函館出張が突然かぶって出られなかった場合に備え
師匠の一番弟子の先輩カメラマン、仙北さんも発起人に入ってもらい
私と、エンドウ君、勤続年数の長い露口門下生が揃いました。

全国に散らばっている、かつてフレメンに在籍した仲間たち。
写真の道に進んだ人も、別の道で頑張ってる人も
どこかでこうして繋がっていけるのは嬉しいものです。


撮り初めに

 

 

あらためまして
今年もよろしくお願い申し上げます。

 

さてさて

2019年元旦

 

昨年暮までのドタバッタ状況の時に
お正月は絶対に写真撮りに行くぜー〜〜っ!と心に決めていた。

 

もうね、
定期的に石狩の荒波のしぶきを浴びないと
すっきりしない体になっているのだ。

日本海、といっても石狩から北のオロロン街道が好み。

松前方面のオロロンラインなら、ずっと南の方に進み
江差あたりがとても好み。
かもめ島の岩場一帯がピンク色に染まる夕日が絶景!

冬はさすがに仕事で用がなければ命かけては行かない距離だけど。

 

とまぁ、しばらく波しぶき欠乏中だったので
行き先は馴染みのアノ浜へGO。

う〜ん。。。良い!
私はたぶん前世も寒い国の民族だったんじゃなかろうか。
浜に降りていく時のこの日本海の寒々しい景色がなんとも好きだ。

 

坂の途中にパーキングがあるのでいつも停まって
ひと眺めしてから下の浜辺までつる〜っと降りる。

ビョォォォ〜〜〜〜!!っと突き刺すような冷たい風が襲ってくるので
負けじと雪にズッポリはまり我が大根足で踏ん張ってカメラを構えるものの…
大自然の力には勝てず、横に、後ろに押されて倒れそうになる。

そう、人間とはこんなに微力なのだ。

 

引き潮なのか?
強風の割に高波ではないものの、低い波が次から次へザパザパと。
もちろん、元旦のこんな天気にわざわざに来るものなど
私しかいないようで、他に車のタイヤ跡も足跡もなかった。

 

この石狩浜より少し北、望来(モウライ)の浜辺は私のパワスポである。
石狩浜は冬でも釣り人やそばにあるスーパー銭湯の客も立ち寄るし、
割と人がまばらにいるけど、ここは冬はまず自分以外と出くわさないので
遠慮なく写真が撮れるし、ボケ〜っともできる。
それと、なんでかわからないけど「合うわ〜」という感じ。

 

海水浴シーズンはどこの海辺にも近づかないようにしてるけど・笑
それ以外のシーズンは人もまばらか無人で、何もしなくても
ホっとできるんだよなぁ〜

この浜周辺はコンビニしかなく、おしゃれカフェもレストランもない。
ふらりと一人で来るか、一部のこの「何も無いがなんか良い」時間を
共有できる人のみが気を使わずゆっくりできてベスト。

 

前ほど突発的に行くことがなくなったのは
仕事が楽しいからなのか、心に余裕が無いからか(ええ)
癒しを求めてパッといくようなことは無くなった。

あぁ、しばらく海行ってないよな〜。。。という時に
スケジュールと相談しつつ行くようになった。

 

で、今一番ほっとする場所は車の中かな〜
ロケーションは海でもどこでも良くて。

 

自宅だとほぼリビングにいるので
自分の部屋は寝るだけみたいな感じだし

スタジオも神聖なる大事な場所だけど、
やっぱり仕事モード、ONモード用な場所だしねぇ。

 

私の場合、同乗者が居ない時の車の中が
一番素の状態でリラックスしてるかも。
実際、運転してる時間も長かったりするし…

カメラ積んで、好きな音楽かけて
いろんな場所に移動する部屋、みたいな感じですね。

 

車でYouTube観るのもオツなもんです。