うむ。
 
 

世の中グォーーーールデンウィーーーーーークゥッ!らしい。
 
 
 

私にはあまり関係ない世界だけど、
子供とかいたら日頃疲れててもどっか連れてってあげたいよなぁ。。
 
 

早いな〜、、もうGWか。
こないだ紅白見たばっかりな気が。。
 

とりあえず今年も桜を拝めたのでありがたい春(北国遅いからね…)。
 
 

18

ここは我が学び舎の横を流れる月寒川沿いの桜並木。
 
 

私が子供の頃は草ボーボーで桜なんぞ植えてなかったし
こんな綺麗な芝生もベンチもなかったぞ。
 
 

今は水も綺麗になって魚もいて、水鳥もいるけど(アオサギもいた!)
昔は荒れ果てたドブ状態の川に入って遊んでたわ。
昭和の下町の子はだいたいの雑菌には動じないのだ(笑
 
 

17
ちょうど開花したばかりで
一点の汚れもない美しさ!!
 
 

ここの桜はピンクというより、限りなく白っぽいのだ。
 
 
 

二十代の頃は桜を見ても「被写体」としか捉えてなくて
花の美しさに心奪われる…なんて感情は薄かった。
 

撮りたいものかどうか、だけだったなぁ。。
 
 

アシスタント時代も地元JR沿いの植物を大量に撮ってたけど
咲き誇る花より、朽ちていく花ばかり撮ってたな。
世の中ナナメに見たがる若者が漏れなく通る道
意図のない「なんとなく退廃の美?」みたいな・笑
 
 
 

そんな私も
そんなところはとっくのとうに卒業して
今は気温だけでなく、草木の変化で季節を知るお年頃に。
 
 
 
 
 
 

そして驚きの白さがここにも。

_83A6607
グハァッッッ!!!
ナップさん!モッフリかわええのう。
 
 
 

何度か紹介してるけども、
我が家で生まれた箱入りお嬢のナップさん。
写真を撮られるのが大好きなんである。
 
 

この子は生まれて目も開いてない時から
手に乗せてバシャバシャ激写されて育ってるので
カメラ自体に恐怖感はないらしい。
 
 

もちろん写真の概念なんか理解してないけど(笑
飼い主である私がカメラ越しに
「いいねぇ〜、かわいいねぇ〜、天才だねぇ〜」と
えへえへおだてながら撮るので、
主の注目を独り占め!できるアイテムだと思ってるらしい。
 
 
 

仕事用の100ミリマクロレンズをビッタリくっつけても
うっとり、もっふり心酔中。
「苦しゅうない。存分に撮るがよい…」
  

ペット写真のコツはとにかく褒めちぎること、ですな。
 
 

以下、撮られてるうちにだんだん眠くな〜る、の図。
 

001
002 003 004 005 006 007 008 009
 

リラックスしすぎかよ・笑
 
 

そばにいることを許してくれてありがとう。
と云う気持ちになる瞬間でもあります。
 
 
生き物からいただく信頼は裏切っちゃいかんよね。