北海道の神社の総本山

北海道神宮へ新年のご挨拶へGO!
 

天気はいいけど風が冷たひわ〜。

27
  

松の内も過ぎ、世の中通常営業になり
ようやく神宮も駐車場渋滞が収まったので
遅まきながら2018年のご挨拶と正月飾りを納めにね。
 
 
ここでのおみくじは「小吉」でした。
ふむふむ…
 
 

なんでもない普段の日にちょこちょこ神宮へは行くのですが
いつもは中国人(台湾?)観光客だらけだけど
今日は日本語の方が多く飛びかっていて、
正月明けなんだなぁ、という感じ。
 
 
28
 
 
出店も。
松の内は賑わっただろうなぁ。
 
 
30
 
 
開拓神社にもお参りして…
こちらでは「吉」。 なるほど…

 
氏神白石神社さんでは「大吉」をいただいて
こちらの2箇所では「小吉」「吉」という。
 
 
おみくじのランクはさておき、
不思議なもんで…それぞれに書いてあることが、
まるで目の前で直接相談に乗ってくださってるかのごとく
今の私にビシッと伝わる内容でした。
 
 
 
私、もともと神仏はまるで興味ナッシングな人間で
せいぜいお盆に家族とお墓詣りするくらい。
 

我が家も父母両家まーったく平凡どノーマルな仏教徒で
お盆、正月、冠婚葬祭のみ、にわか仏教徒になる薄さの家でした。

 
 
30代に入って、3代目の車を購入した時にお祓いしてもらったのが
自発的に行った初めて、だった気がします。
仕事でスタッフやお客さんも乗せるんだから、ちゃんと行くべき!と
周囲から諭されて(笑
 
 
そのあとから仕事の撮影で撮る機会も多かったので
商売用の撮影でお邪魔するのだから…と
行くたびにご挨拶がてらお参りするようになりました。

のちに、お隣の「円山」に登って作品撮りを始めたこともあり、
ぐ〜んと、親近感の湧く場所になっていったのですよ。
 

 

年齢を重ねるごとに
あの神聖な場所の空気が心地よく感じられて
息抜きにふらりと寄ることも増えましね〜。
 

 
洒落乙なカフェーよりも、
木々の豊かな公園、森の中、海などに吸い寄せらるようになりました。
 
 
撮りたい場所も年齢を重ねるとともに
少しづつ変わってきたように感じます。
 
 
 
え?
 
年取っただけ?
 
 
いやいやいや、
心が成長したんだと!
 
 

思うような思わないような。。。
 
 

 
とりあえず、
方々へのご挨拶も済ませ、日常の慌ただしい世界に
戻ってまいりました。